グローバルに活躍する ホワイトハッカー集団

ついに日本上陸 世界基準のペネトレーションテストで サイバー攻撃に強いサービスへ

Our Basic Security Services Package

Webペネトレーションテスト

専門家がWeb アプリケーション、内部および外部ネットワークの潜在的な脆弱性やセキュリティの欠陥を特定します。専門家による侵入テストでITインフラストラクチャを保護します。

クラウドセキュリティ評価

専門家がクラウドサーバーへの侵入テストを行います。AWSの潜在的な脆弱性やセキュリティの欠陥を特定しご報告いたします。当社の侵入テストでクラウドセキュリティを強化します。

モバイル ペネトレーションテスト

専門家のモバイルアプリセキュリティ分析により、内部および外部ネットワークの脆弱性やセキュリティの欠陥を特定します。当社の侵入テストでサイバーセキュリティを強化します。

セキュリティ啓発セッション

企業の従業員一人ひとりの情報セキュリティに対する意識を向上させる教育のことです。 不正アクセスやマルウェア感染のリスクを最小限に抑えるには、業務の取り組み方やルールの見直し、さらにはシステムのセキュリティ強化も重要です。

ネットワーク 侵入テスト

専門家が様々な攻撃手法を用いて、システムやネットワークに侵入し、潜在的な脆弱性やセキュリティの欠陥を特定します。当社の侵入テストでネットワークセキュリティを強化します。

SOCaaS

セキュリティ オペレーション センター サービス (SOCaaS) は、社内のセキュリティ チームと IT チームのログ、デバイス、クラウド、ネットワーク、資産を管理および監視するセキュリティ オペレーション (SecOps) サービスです。

ペネトレーションテストの流れ

実施するホワイトハッカー集団について

世界30ヶ国超から参加する1000名を超える多様なスキルを持ったホワイトハッカー集団がペネトレーションテストを行い、御社のサイトを守ります。

弊社では、企業規模に関わらず、もっと身近でより強固なシステムを構築する為に、低予算で実施できるサイバーセキュリティ対策をご提案致します。ホワイトハッカーによるサイバーセキュリティ対策で、一度リスク評価をしてみませんか?

Pricing Plan

セキュリティ評価

​調査をしたいURLやプランが決まっている場合はお知らせください。

セキュリティスキャン

5 万~
  • 脆弱性確認 したい
  • 予算を抑えたい
  • 今のセキュリティ状況を知りたい
  • 急ぎでセキュリティを調査したい

ペネトレーションテスト

60 万~
  • 予算を抑えたい
  • 今のセキュリティ状況を知りたい
  • セキュリティに不安がある
  • 脆弱性診断は実施したが不安が残る

クラウドセキュリティ評価

100 万~
  • コンプライアンス
  • 監査オ-デット
  • クラウド VA Scan
  • クラウド ペネトレーションテスト

SOCaaS

25 万~
  • 24時間監視
  • 毎月の脆弱性スキャン
  • 1年間に2回のペンテスト
  • セキュリティ啓発セッション

Clients Say

Testimonials

About our clients

Elvescoreは、私たちのサイバーセキュリティの防御を強化する上で非常に重要な役割を果たしました。彼らのプロアクティブなアプローチと24時間体制の監視により、サイバー脅威のリスクが大幅に減少しました。私たちの機密金融データが安全であることに安心しています。金融機関でセキュリティ対策を強化したいと考えている方には、Elvescoreを強くお勧めします。

セキュリティオフィサー メガバンク

医療分野では、患者のデータを保護することが最も重要です。Elvescoreは、私たちのシステムを潜在的な侵害から常に保護する強力なセキュリティソリューションを提供してくれました。彼らのチームは知識豊富で、迅速かつ献身的に私たちのデータを守ってくれます。彼らのサービスには非常に満足しています。

ITディレクター 病院

Elvescoreのサイバーセキュリティの専門知識は、私たちのソフトウェア開発会社にとって大きな変化をもたらしました。彼らは徹底的なセキュリティ監査を実施し、私たちのアプリケーションをかつてないほど安全にする対策を講じてくれました。彼らのプロ意識と卓越したコミットメントは比類ないものです。技術企業にはElvescoreを強くお勧めします。

CTO アプリ開発者

Elvescoreとの協力はスムーズな体験でした。彼らのチームは私たちのアプリ開発のニーズに合わせた包括的なセキュリティソリューションを提供してくれました。私たちは今、ユーザーデータを保護し、業界基準を遵守するための強力なセキュリティプロトコルを持っています。Elvescoreは私たちの成功において信頼できるパートナーです。

CEO Eコマースプラットフォーム

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

ホワイトハッカーによる ペネトレーションテストで あなたのサービスを守ります

ペネトレーションテスト記事 ブログ一覧

ペネトレーションテストに関するブログや記事を公開しています。

ペネトレーションテストの価格は?依頼する前に知っておくべき価格相場と隠れたコストを徹底解説!

1. はじめに 近年、情報技術の進化とともに、企業のデータやシステムへの攻撃も手口が巧妙化してきました。新たな技術が生まれる一方で、それを悪用する脅威も増加しています。このような背景のもと、企業のセキュリティ対策の重要性は高まる一方です。ペネトレーションテストの必要性サイバーセキュリティの世界では、ペネトレーションテストは企業のセキュリティポスチャを評価する主要なツールとして位置づけられています。 これは、実際の攻撃シナリオを模倣して、組織の防御態勢の弱点や脆弱性を特定するためのテストです。このテストを実施することで、未知の脆弱性やリスクを早期に発見し、それに対する対策を講じることができます。 しかし、ペネトレーションテストを実施するには、その価格がネックとなることも少なくありません。特に中小企業など、予算が限られている組織にとっては、このテストの費用とその効果をしっかりと理解することが重要です。 本記事では、ペネトレーションテストの価格相場やその価値、そして適切な予算設定の方法について詳しく解説していきます。セキュリティの専門家でない方でも理解しやすいように、具体的な例やケーススタディを交えながら説明していきますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。       ペネトレーションテストの基本   2. ペネトレーションテストの基本 ペネトレーションテストとは? ペネトレーションテストは、攻撃者の視点で企業のシステムやネットワークを試験する手法です。目的は、現在のセキュリティ対策が有効であるか、またどのような脆弱性が存在するかを明らかにすること。このテストにより、組織が直面する実際のリスクを確認し、より具体的な防御策を計画することができます。   テストの主な種類 ペネトレーションテストは大きく分けて以下の3つの種類に分類されます。 外部テスト: 企業の外部からの攻撃をシミュレートします。例として、ウェブアプリケーションや公開されているサーバの脆弱性を検証するテストがあります。 内部テスト: 企業の内部ネットワークやシステムを対象とし、すでにネットワーク内に侵入した攻撃者の視点で攻撃を模倣します。これは、社員の不注意からの情報漏洩や物理的アクセスを考慮したテストです。 ブラインドテスト: このテストでは、セキュリティチームにはテストの詳細が知らされず、実際の攻撃シナリオを再現します。企業の実際の対応能力を試験するのに適しています。 これらのテストの選択は、企業のセキュリティポリシーやリスク評価、そして予算に基づいて行われます。各テストの目的や内容を理解することで、価格やその価値の違いも明確になってきます。       ペネトレーションテストの価格相場   3. ペネトレーションテストの価格相場 ペネトレーションテストの価格は、実施するテストの種類や範囲、使用するツールや技術、テストを行う企業によって大きく変動しますが、おおよそ300万円〜1000万円程度となることが多いです。   基本的な価格帯 外部テストの場合、価格は比較的低めで、100万円から300万円の範囲となることが多いです。一方、内部テストやブラインドテストは、テストの深度や範囲に応じて価格が上昇し、300万円から1000万円の範囲となることも少なくありません。   価格に影響する要因 ペネトレーションテストの価格は、以下の要因によって大きく影響を受けます。 テストの範囲: ターゲットとなるシステムやアプリケーションの数や複雑さ テストの深度: 表面的な脆弱性検査から、深く掘り下げた詳細なテストまでの範囲 使用するツールや技術: 自動化ツールの使用のみや、手動での詳細な検査が含まれるか ベンダーの実績や専門性: 高い評価や実績を持つベンダーは、それに応じた価格を設定することが多い ペネトレーションテストの真の価値やその効果を理解することが、企業のセキュリティ対策を進める上で不可欠です。       隠れたコスト: 予期せぬ出費を避けるために   4. 隠れたコスト: 予期せぬ出費を避けるために ペネトレーションテストの初期の見積もりが与えられたとしても、プロジェクトが進行する中で追加の費用が発生することがあります。これらの「隠れたコスト」を事前に知ることで、予期せぬ出費を避け、プロジェクトをスムーズに進行させることができます。   追加の脆弱性検査 テストが進行する中で、新たなシステムやアプリケーションの脆弱性が発見されることがあります。これらの脆弱性を検査するための追加費用が発生することが考えられます。   報告と対策の提案 テスト終了後、詳細な報告や脆弱性に対する対策の提案が必要となります。これらのサービスは、初期の見積もりに含まれていない場合があり、追加の費用が発生する可能性があります。   再テスト 脆弱性の修正後、再度テストを行うことで、修正が適切に行われているかを確認することが重要です。しかし、この再テストの費用は、初期の見積もりには含まれていないことが多いです。   継続的なサポート ペネトレーションテストは一度きりのものではありません。継続的なセキュリティの確保のためには、定期的なテストやサポートが必要となります。このような継続的なサービスに対する費用も、事前に確認しておくことが重要です。 隠れたコストを避けるためには、契約を結ぶ前に詳細なサービス内容や料金体系をしっかりと確認し、ベンダーとのコミュニケーションを密に取ることが不可欠です。       5.

詳しくはこちら »

ペネトレーションテストツール10選を徹底比較!

1. サイバー攻撃の増加とセキュリティ対策 近年、サイバー攻撃は頻繁に報道されるようになり、その手口も日々進化しています。特に、新型ウイルスの出現やIoTデバイスの普及、クラウド技術の発展など、テクノロジーの進歩とともに、新たな脅威が増え続けています。このような状況下でのセキュリティ対策は、単なる「防ぐ」行為から「どう防ぐか」を緻密に考える必要が出てきました。ペネトレーションテストは、その中でも特に重要なツールとして注目を浴びています。

詳しくはこちら »

個人情報の漏えいを未然に防ぐ!ペネトレーションテスト

近年急増しているWebサービスなどからの個人情報漏えい。どう対策する? 近年、個人情報の漏えいが大きな社会問題となっています。多くの企業や組織が、顧客の信頼を失い、経済的損失を被っています。例えば、最近の大規模な個人情報漏えいの事例では、数百万人分の顧客データが不正にアクセスされ、企業のブランドが大きく傷つけられました。このような事例は、企業にとって深刻な経済的・社会的ダメージをもたらしています。

詳しくはこちら »

【脆弱性とは?】脆弱性診断ツール4選!特徴や費用相場などをご紹介!

脆弱性とは? 脆弱性とは、コンピューターソフトウェア、ハードウェア、またはサービスに存在するセキュリティ上の弱点や欠陥を指します。これによって、外部の攻撃者により不正なアクセスや情報の漏洩が可能となることがあります。 特に、Webアプリケーションの場合、セキュリティの欠陥は情報漏洩やサービスの停止といった大きなリスクをもたらします。これらの脆弱性は、プログラムのバグや設計上のミス、不適切な設定といった様々な原因から生じることがあります。 攻撃手法も日々進化しており、新しい脆弱性が次々と発見されています。 このような背景から、脆弱性診断は非常に重要となってきます。ITシステムにおける脆弱性は、企業や組織の信用や業績に大きな影響を与える可能性があるため、定期的な診断と適切な対策が求められています。しかしながら脆弱性とはそもそも何か?どのような対応をすればよいか?など疑問点の多い方もいらっしゃるのではないでしょうか。 本記事では、脆弱性の基礎知識や危険性から、企業が取るべき基本的な対策などを解説します。     脆弱性診断ツールオススメ4選! 脆弱性診断は、WebアプリケーションやITシステムのセキュリティ上の弱点を発見し、これらのリスクを低減するための重要な手段となっています。診断を行うためには、様々なツールが利用されます。今回はその中でも代表的な脆弱性診断ツール4選をご紹介します。         OWASP ZAP   OWASP ZAP (Zed Attack Proxy) は、Webアプリケーションのセキュリティ脆弱性を発見するための無料のオープンソースツールです。 特徴 GUIベースで使いやすく、アクティブ・パッシブスキャン機能を持つ。また、プラグインを追加することで機能を拡張できます。 使い方 WebアプリケーションのURLを指定し、スキャンを開始することで脆弱性の検出が行えます。詳しいレポートや対策方法も提供されます。           Burp Suite   Burp Suiteは、Webアプリケーションのセキュリティテスティングに特化したツールです。 特徴 インターセプトプロキシを搭載しており、リアルタイムでの通信内容の確認や改ざんが可能。また、自動スキャンやリピータ機能も搭載している。 使い方 通信をインターセプトし、リクエストやレスポンスを分析・編集できます。また、自動的に脆弱性を検出するスキャン機能も利用可能です。     Nessus   Nessusは、広範囲のターゲットに対する脆弱性スキャンを行うことができるツールです。 特徴 多数のプラグインが提供されており、これにより多様な診断が行える。また、定期的な脆弱性データベースの更新が行われている。 使い方 ターゲットとなるホストやネットワークを指定し、スキャンを実行。結果は詳細なレポートとして出力されます。   OpenVAS   OpenVASは、オープンソースの脆弱性診断ツールとして幅広く利用されています。 特徴 定期的なアップデートにより新しい脆弱性にも対応。また、多数のプラグインや拡張機能が提供されている。 使い方 Webベースのインターフェースを通じてターゲットを指定し、スキャンを実行。結果はグラフィカルに表示され、詳細な情報も確認できます。   脆弱性診断には「手動診断」と「自動診断」があります。今ご紹介したツールは「自動診断」に当てはまりますが、それぞれのメリット、デメリットもご紹介します。       ツール診断と手動診断の違い   ツール診断 自動的に脆弱性を検出するツールを利用して診断を行う方法。 メリット: 大規模なサイトやアプリケーションでも短時間でスキャンが可能。 デメリット: 一部の脆弱性を見逃すことがある。 オススメのシチュエーション: 定期的な脆弱性チェックや大規模なシステムの初期診断に適しています。   手動診断

詳しくはこちら »